医療法人社団 修命会/足立区西新井 アリオ西新井デンタルクリニック



シロナCT装置の特徴

当院では、より安全、より確かに治療を行うために、ドイツのシロナ社製ORTHOPHOS XG 3Dを導入をしました。セレックシステムと歯科用CT「XG-3D」がコラボレーションした最新の治療システムです。治療技術と最先端のデジタルテクノロジーが融合してより良い治療が提供できるので、患者様にとっても大きなメリットのある治療システムです。

歯科用CT はインプラント診断、歯周病による骨欠損の状態、顎関節、歯根の膿、親知らず、上あごの炎症、神経の走行など二次元のレントゲン撮影では不可能だったお口のさまざまな状態を診断できます。特にインプラント治療にはCTによる3次元診断は必須であり、いまや世界の常識となっています。

安全性では、CT撮影時の被ばく線量は最低クラスの68μSv(医科用頭部CTの約1/30)です。小さなお子様や車椅子の患者様も楽な姿勢で撮影できる設計になっておりますので安心してご利用になれます。

最新設備歯科用CT

3次元で撮影

今まで見えなかった部分を3次元で撮影